免疫力高めるサプリの効果、癌の予防についてご紹介しています!
  1. 免疫力高めるサプリの効果2:癌の予防になる

免疫力高めるサプリの効果2癌の予防になる

免疫力高めるサプリの効果2:癌の予防になる

癌細胞ができる原因

癌という病気は、ある日突然発症してその後癌患者としての人生を強いられる、といった恐ろしいイメージがありますが、実はすべての人に毎日数千個の癌細胞が発生しています。

癌細胞はもともと体内にある細胞に異常が発生し、突然変異したものです。この細胞の変異を引き起こす原因としては、タバコや農薬、放射線、紫外線、ウイルス、細菌といった発がん性物質に加えて、高カロリー・高脂肪の食事、運動・睡眠不足、肥満、精神的ストレスなどの生活習慣が挙げられます。

癌細胞の増殖は1個から2個、2個から4個、4個から8個・・・という形で進行します。そのため最初に発生した癌細胞が1cmの大きさになるまでには10〜15年という長い時間がかかる一方で、1cmの腫瘍はすぐに2cmになり、気づけば4cm大になり、さらに大きくなるにつれて周囲の細胞の栄養素を奪ったり臓器を破壊したりして、体の機能にあらゆる障害を引き起こしていきます。

免疫力で癌を治せるの?

毎日のようにこの癌細胞が体内で発生しているなか、多くの人は癌細胞があることにすら気づかずに日々暮らしていけるのはなぜでしょうか。これは、体内の免疫細胞が癌細胞を発見し、見つけたそばから次々と退治して癌細胞が増殖するのを防いでくれているからなのです。

私たちの体内には免疫細胞が2兆個ほどあると言われています。免疫細胞にはいくつかの種類があり、それぞれがパトロール、攻撃、指令、報告などの役割を担ってチームとして働くことで体内に侵入または発生した異物を撃退しているのですが、その中で癌細胞を退治することができるのはキラーT細胞とNK細胞に限られています。

そのため、特にこの2つの細胞の攻撃力が弱まって免疫力が低下した状態になると、癌細胞をすべて死滅させることができなくなり、生き残った癌細胞は正常な細胞のフリをしながら隠れて増殖を開始します。そして癌細胞は増殖し始めると同時に、免疫細胞の働きを無力化させる免疫抑制細胞を自らの周囲に増やしていくため、免疫細胞はますます攻撃が困難になり、癌細胞はさらなる増殖が可能になります。

癌細胞が増殖して大きくなってしまう前に

上記のように癌が増殖を始めて免疫力が下がった状態に陥ってしまうと、人間の免疫力だけで癌を退治するのは難しくなります。免疫細胞がしっかり機能して再び癌細胞を撃退できる状況を取り戻すには、癌細胞を守る免疫抑制細胞を少しでも減らしながら免疫力を上げる必要があるからです。

大切なのは免疫力が弱まらないよう注意し、癌細胞が隠れて増殖できる環境を作らないことです。毎日発生する癌細胞を撃退するという重大な任務を日々果たしてくれている免疫細胞をサポートするために、バランスの取れた食事によって十分な栄養素を摂取すること、質の良い睡眠と適度な運動を欠かさないようにしましょう。特に加齢によって確実に免疫力が弱まる40代後半以降は、つねに免疫力を高めることを意識した生活習慣が必要です。免疫力を高めるのに役立つ栄養素を含んだサプリを生活習慣の中に取り入れることも、癌の予防には非常に効果的です。

私たち夫婦が飲み続けたいと思ったのがテキストテキストでした

ページのトップへ