免疫力高めるサプリの効果、風邪やインフルエンザなどのウィルス系の病気についてご紹介しています!
  1. 免疫力高めるサプリの効果1:風邪やインフルエンザなどのウィルス系の病気に強くなる

免疫力を高めるサプリの効果1風邪やインフルエンザなどのウィルス系の病気に強くなる

免疫力高めるサプリの効果1:風邪やインフルエンザなどのウィルス系の病気に強くなる

風邪を引きやすいひととそうでないひとの違い

風邪とは、ウイルスが喉や鼻の粘膜に付着して起こる感染症で、咳、鼻水、喉の痛み、発熱といった諸症状を伴います。インフルエンザも同じく特定のウイルスに感染することで発症しますが、38℃を超える高熱や関節痛、筋肉痛、頭痛、全身の倦怠感、食欲不振など、風邪よりも重い症状が表れるのが特徴です。

風邪やインフルエンザを引き起こす原因であるウイルスはすべての人に平等に忍び寄りますが、感染しやすい人とそうでない人がいるのはなぜでしょうか。風邪やインフルエンザが流行る時期にマスクをしていたり外出を控えたりといった対策をしているかどうかももちろんありますが、それ以前にいちばんの違いは免疫力の高さです。免疫力を高く保つことで、ウイルスに感染しても風邪やインフルエンザを発症しない、あるいは悪化させないということが可能になります。

風邪薬は細菌やウイルスに作用するワケではない?

仮にウイルスに感染して鼻水や発熱などの症状が出ても、風邪薬を飲めば治るから大丈夫、と思っている人は多いかもしれません。しかし風邪は万病の元と言われるように、たかが風邪と高を括っていると様々な病気を呼び込んで、重篤な症状を伴う別の病気にかかる危険性をはらんでいます。

また、風邪薬は風邪のその根本原因であるウイルスを撃退してくれるわけではなく、鼻水を止める、喉の痛みを和らげる、といったような風邪に伴う諸症状を緩和させるためのものです。風邪を引いたときに抗生物質が処方されることもありますが、これには細菌を殺す作用があるだけでウイルスに対しては何の効果もありません。ウイルスと戦って撃退することができるのは人が持つ免疫の力だけなのです。早く風邪を治したいならば免疫力を高めることが最善の策です。免疫力が低い人は風邪を引きやすいだけでなく、一度風邪を引くと治りにくくなってしまいます。

風邪の症状と免疫力の関係

くしゃみ、鼻水、喉の痛み、咳、発熱、下痢、嘔吐といった風邪の諸症状は、ウイルスを排除しようとして起こる体の免疫反応です。つまりこれらの症状が出ているときは、体がウイルスを撃退しようとして戦ってくれている最中ということですね。それを薬の力で止めるということは、体が戦う力を抑え、逆にウイルスに荷担してしまっていることにもなりかねません。とは言え、あまりにも咳や熱、下痢などが続くと体が弱って栄養を摂ることも難しくなってしまうため、ある程度は症状を抑えることも必要であると言えます。

免疫力が高ければこういった症状が出始めてから比較的早めにウイルスをやっつけることができるので、薬を飲まずに睡眠と栄養の確保に励み、免疫力が発揮されやすい環境を維持するほうが風邪を治すための近道です。免疫力が下がっている状態だとウイルスとの戦いが長引いてしまうため、体がどんどん弱っていくのに伴って風邪は悪化し、症状も重く長くなります。こうなってしまったら一度風邪薬などで症状を抑えながら少しでも栄養を多く摂り、ぐっすり眠れる状況を作ることが先決になります。

普段から免疫を高く保つことに注意していれば、風邪を引いても長引くことはなく、そもそも風邪を引くこと自体が少なくなるでしょう。食事やサプリなどで必要な栄養素をしっかり摂って、質のいい睡眠を確保することがいちばんの風邪予防になります。

私たち夫婦が飲み続けたいと思ったのがテキストテキストでした

ページのトップへ